俺がエイジングケア、アンチエイジングを意識し始めたのは30年齢になろうかという時でした。
20代半ばまでは、割に不能を通しても少々であれば確実だったことが、30年齢を目前にしてくるとしだいにそれほどもいかなくなってきたのを感じたからです。
30年齢を超えると、身体に良くない献立だったり、寝不足だったり、その時のコンディションが丸ごとお肌に出てきてしまい、お肌がくすんでファンデーションのビートが悪くなってしまったり。
役目やプライベートでの少しのだめがそのあと何日もひきずってしまったりといった、20代までは全く違うんだと思わされる事柄が多くありました。
もともと乾燥肌な結果、層を経て前より日増しに保湿を意識するようにしています。
従来使用していた初めコスメティックよりも保湿力の良い、アンチエイジング向きのものに変更し、なおかつ化粧水はふんだんに思い切り使用するようとしています。
お風呂に入った時折蒸し手拭いで顔つきを温めたり、肩こりが恐ろしい結果半身浴はせずにぬるめのお湯に悠々5食い分以上は浸かるようにしています。
内側からのエイジングケアも指し、朝はタイミングの果物を食べて酵素を取り入れるようにしています。
また、近頃流行のスペシャルフード「キヌア」を白米に混ぜて炊いて日常的に摂取し、野菜たっぷりのスープを毎日1食召し上がるようにしています。
身体が手強いと老化し易いと聞いたので、ウィークエンドはアクション不足輻射につきヨガに通っています。
月に2回、岩盤浴での解毒などもする。

キミエホワイトプラス