40お代下になって 指の第ゼロ関節にむくみと痛みという現象が出てきました。
そのうちに指の関節が曲がってきてしまい リュウマチではないかと心配になって病院に行きました。
見立ての結果は へバーデン結節はでした。
後 今度は指の第2関節が腫れてきてしまい また病院に行ったところ それはプシャール結節という関節の疾患だということでした。
ともリュウマチではなかったのは幸いでしたが 関節痛と指の歪みには 今現在も悩まされています。
暮らしで困ることは単にありませんが 痛みが出た時は施術しかありませんのでどうにも辛いです。
後は 指が変形してしまっために醜い戦法になってしまったことは マミーとして悲しいことだ。
プシャール結節の場合は 関節痛こそありませんが 持っている指輪集まりがトータルはめられなくなりました。
その上 指輪がどうしても飛びなくなってしまい とうとう消防署の救援における器機で取りはずして味わう羽目になってしまいました。
こういう疾患は 根本的な施術がない結果 関節痛を軽減するために 薬を塗ったり相棒をはめたりするしかありません。
一番良い戦法としては 指を使わないことだそうですが 暮らしについてもちろん奥様としては不可能ことです。
あまりに痛みがある時は なるべくその指は使わないようにはしていますが 次いで指の歪みが直ることはありませんし 分厚くなってしまった関節が元に還るという効果もありません。
リュウマチでとは違いますので 具合の問題は大きいですが きちんと思いに病むことはなく たとえ醜い手でも隠したりせずに堂々と生活していこうとしています。

リョウシンJV錠