何とかムダ毛処理を意識した年令は11歳だ。
理由は自分が毛深いと思い始めたことだ。自分でも毛深いかなと思っていたのですが、ファミリーなどにの言われるようになり、
意識をするようになりました。
それで体育の授業で半ブリーフの体操着を着ると徒歩のムダ毛が気になり、処理をしたいなと思う様になりました。
またその頃からわき毛やアンダー髪の毛も現れるようになったことも理由です。
処理の企画を相談するのも後ろめたいし、どうしたら良いのか分からず悩んでいました。

やっと行ったムダ毛処理の企画はシェービングクリームだ。
泣きどころは当時のシェービングクリームは独特の臭いがするので、処理時の臭気がきつくて困りました。
また、フロアーに寝そべった状態でクリームを塗布したのですが、クリームを拭き取るまでそのままの体調を保たないといけないのが辛かっただ。
恵みとしては剃刀歪みをしないことです。殊にひりひりしたり肌荒れなどもありませんでしたが、個人差があるかと思います。
それで肌に以上がでた場合は敢行を中止した方が良いだ。
痛散湯

脱毛サロンに通うと決めた理由は、ムダ毛の当人処理をしたくなかったからです。
シェービングクリームによる上、家庭用脱毛容器を購入して当人処理を通していましたが、
自分の秘訣が届き辛い部位(大腿の反比例とか)で処理記しがあったり、処理をする度数が触発でした。
なので、フラッシュ脱毛を通じて当人処理をしなくていい状態にしたいと思ったのが脱毛サロンに通うきっかけです。
サロンの分かれ道は通いやすさでした。マンションから間近いサロンを選んで、帰宅途中や旅行途中に寄れるところにしました。